【遺言書作成支援】

長い間働いて築いた財産。あなたは誰にどのように遺したいですか?
その希望をきちんと書面にしておかなければ、法定相続で機械的に分けられるか、相続人の話し合いで決めることになります。
話し合いがまとまらず相続人が揉めて「相続」が「争族」になることは、決して他人事ではありません。
「なぜこのように遺したいのか、どうしてこの人に遺したいのか。」
それをしっかりとしたためておくことで、争いを防ぐことができます。
あなたの『想い』を言葉にするお手伝いを、心を込めていたします。

<文案作成>

基本報酬 10〜15万円(税抜)
(証明書取得費等の実費・交通費・公正証書作成費用を除く)

<遺言執行報酬>

基本報酬 30万円(税抜)
+相続財産総額の1%
(証明書取得費等の実費・交通費・不動産登記費用を除く)