【任意後見契約】

平均寿命は伸び続けていますが、『健康寿命』も同じというわけではありません。
あなたは自分の身の回りのことや財産の管理はいつまで自分で出来るでしょうか。
身近に家族や親戚がいなければ、誰に頼めば良いのでしょうか。
もし認知症になってしまったら、裁判所が決めた見ず知らずの「法定後見人」があなたの財産を管理することになり、自分の財産なのに自由に使うことができなくなります。
そうなる前に、家族や信頼できる第三者を『任意後見人』として契約しておきましょう。

<契約書作成報酬>

・移行型(財産管理委任契約+任意後見契約)10万円(税抜)
・将来型(見守り契約+任意後見契約)8万円(税抜)
(証明書取得費等の実費・交通費・公正証書作成費用を除く)

<月額報酬>

・財産管理委任契約
(管理財産金額5千万円まで)2万円(税抜・交通費別)
(管理財産金額5千万円以上)3万円(税抜・交通費別)

・任意後見契約
(管理財産金額5千万円まで)2万5千円(税抜・交通費別)
(管理財産金額5千万円以上)3万5千円(税抜・交通費別)

・見守り契約
(月1回連絡)3千円(税抜)
(月1回連絡・訪問)5千円(税抜・交通費別)